東京都にて「第一回公開シンポジウム『脳と心の時代 認知症等の克服に向けて』」開催決定

2015年10月22日

国立研究開発法人 日本医療研究開発機構

日本医療研究開発機構(AMED)では、シンポジウムを開催する。詳細は下記の通り。

「脳と心の研究 第一回公開シンポジウム「脳と心の時代 認知症等の克服に向けて」の開催について」
日時:2016年2月27日(土)10時00分~16時00分(終了予定)
場所:よみうり大手町ホール(東京都千代田区大手町1-7-1)
定員:500名
(ホームページより抜粋)

参加費は無料。ただし、事前参加登録が必要だ。申し込みはウェブサイトにて。

シンポジウム内容

シンポジウムは2部制。第1部(10時00分~12時30分)は小ホールにて、ポスター展示をおこなう。第2部は大ホールでの講演。

13時05分より、基調講演をおこなったのち、13時45分~14時15分に「基礎科学と臨床医学の連携による発達障害へのアプローチ」を開催する。講師は、名古屋大学の教授だ。14時15分~14時45分には、広島大学の教授による「ここまで来たうつ病研究」が予定されている。

その後、14時55分~15時25分に、大阪大学の教授による「認知症に関する脳科学研究による新たな治療を目指して」を開催、15時25分~15時55分には、国立長寿医療研究センターの副院長による「軽度認知障害・初期の認知症への日本の取組」がおこなわれる。

(画像はホームページより)

▼関連記事
認知症の症状

▼外部リンク
脳と心の研究 第一回公開シンポジウム「脳と心の時代 認知症等の克服に向けて」の開催について



こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  5. 5認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  6. 6認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  7. 7【広川先生のMCIコラム(第2回)】早く気づけば認知症にならない…
  8. 8趣味を再開、物忘れ改善など…ホタテ由来プラズマローゲン体験者の声
  9. 9困りごとも相談できる薬のスペシャリスト ~【第3回】認知症に寄り…
  10. 10ナガセ ビューティケァ 、発酵オタネニンジンで認知症抑制を研究
このページの
上へ戻る