認知症最新ニュース

「第34回日本認知症学会学術集会」青森にて開催

2015年9月5日

テーマは『Alzheimer’s Disease 今後の展望』

第34回「日本認知症学会学術集会」が、10月2日(金)~4日(日)に、青森市内において開催される。テーマは『Alzheimer’s Disease 今後の展望』。事務局を弘前大学大学院医学研究科脳神経内科学講座におき、会長を同講座の東海林幹夫氏がつとめる。

【会期】平成27年(2015年)10月2日(金)~4日(日)
【会場】リンクステーションホール青森(青森市堤町1丁目4番1号)/ホテル青森(青森県青森市堤町1丁目1-23)
【参加費】会員・非会員 12,000円/学生(大学院生を含む) 4,000円(学生証を参加受付にて提示)/認知症の人と家族会、同伴者 4,000円
【問合せ先】事務局:弘前大学大学院医学研究科脳神経内科学講座 一戸祥世 (青森県弘前市在府町5番地 TEL:0172-39-5142/FAX:0172-39-5143)

国内外より多彩なテーマにて繰り広げられる学術集会

期間中、会長の東海林幹夫氏による講演「アルツハイマー病研究のこれまでとこれから」、国立長寿医療研究センターの鳥羽研二氏による特別講演「認知症医療の新しい潮流 -新オレンジプランの目指すもの-」、厚労省の三浦公嗣氏による特別講演「これからの認知症施策~認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)の策定を踏まえて~」がおこなわれる。

そのほか2会場に分かれ、国内外の講師を迎えて、連日さまざまなテーマで「プレナリーレクチャー」と「教育講演」が開催される。また、認知症研究や認知症診療・治療法をテーマとした多くのシンポジウムが開かれる。

会期中には、懇親会も予定されているので、プログラムや宿泊の詳細については公式サイトへ。

(画像は「第34回日本認知症学会学術集会」ポスターより)


▼外部リンク
「第34回日本認知症学会学術集会」公式サイト
http://www2.convention.co.jp/jsdr34/

「第34回日本認知症学会学術集会」ポスター
http://dementia.umin.jp/jsdr34poster.pdf


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは[PR]
  3. 3【認トレ教室レポート】話題の脳トレ「ブレインHQ」を体験!@イオ…
  4. 4カマンベールチーズにアルツハイマー型認知症を予防する効果あり! …
  5. 5コリンで認知機能を維持し、健康寿命をのばそう![PR]
  6. 6カフェイン摂取が認知症治療に役立つ可能性(インディアナ大学)
  7. 7【脳エクササイズ】世界で初めて認知症リスク半減効果が実証される
  8. 8NHKスペシャル シリーズ「私たちのこれから」認知症社会
  9. 9楽しみながら症状緩和!認知症における音楽療法の効果とは【第35回…
  10. 10「ブレインHQ」の魅力を探る! 利用者向け交流会[PR]
このページの
上へ戻る