認知症講座「虐待と不適切なケア ~その傾向と対策をかんがえる~」開催【埼玉】

2015年6月5日

6月19日(金)開催

埼玉県認知症グループホーム・小規模多機能協議会では、6月19日、第14回定時総会記念講演として、公開講座「虐待と不適切なケア ~その傾向と対策をかんがえる~」を開催する。

【日時】2015年6月19日(金) 14:00~16:30
【会場】さいたま市民会館うらわ 7階 705集会室 (さいたま市浦和区仲町2-10-22)
【参加費】会員 500円/非会員 2000円(当日受付にて)
【申込方法】チラシよりFAXまたはメールにて
【問合せ先】埼玉県認知症グループホーム・小規模多機能協議会(電話:048-767-3142)

約2割の施設で虐待が疑われるとの調査結果

最近の調査によると、高齢者への虐待がおこなわれているのは、全国で少なくとも1510の介護施設などにおいてその疑いがあるといわれている。この数字は、調査に回答した施設のうちの約2割にあたるという。

これらの施設には、認知症の高齢者が生活するグループホームも含まれている。今回開催される講座では、小規模で閉鎖的傾向の強いグループホームにおいて、どのような原因で虐待がおきるのか、またどのように虐待を防げばよいかを考察する。

講師は、N PO法人ミニケアホームきみさんち理事長であり、有限会社自在取締役社長でもある林田俊弘氏。現在都内で6カ所のグループホームを運営し、全国グループホーム団体連合会事務局長もつとめる。

講演は、「介護保険制度改正のゆくえ」をテーマとした定時総会に引き続きおこなわれ、公開講座はだれでも参加自由となっている。

(画像はプレスリリースより)

▼認知症関連おすすめ書籍

▼認知症ねっと おすすめサービス

▼外部リンク
埼玉県認知症グループホーム・小規模多機能協議会
「虐待と不適切なケア ~その傾向と対策をかんがえる~」


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  5. 5認知症を予防できる未来へ。ホタテ由来のプラズマローゲン最新研究成…
  6. 6東京都、認知症支援の医療機関を新たに指定、計51か所となる
  7. 7認知症進行、自宅で予防するアプリ
  8. 8シリーズ「認知症に寄り添う人々」ダイジェスト
  9. 9【明日放送】TBS「人間とは何だ…!? 健康・長寿の最新常識」
  10. 108/18、19:00~「その原因、Xにあり!」は夏野菜SP。認知…
このページの
上へ戻る