「認知症サポーターのいるお店」を増やそう!登録事業開始【北海道北見市】

2015年6月1日

北見市が認知症になっても住みやすい地域づくり

北海道北見市は、「認知症サポーターのいるお店登録事業」を行い、登録事業所へ専用ステッカーを配布した。地域全体で、認知症患者が住み慣れた地域で安心した暮らすことができる街づくりを目指す。

認知症サポーター養成講座を受講

北見市は、「認知症サポーターのいるお店」に登録した事業所を介護福祉課のホームページで紹介し、だれにでも分かるように専用のステッカーを作成して、登録事業所に配布した。

「認知症サポーターのいるお店」になる条件は、「認知症サポーター」が窓口や店舗で対応する従業員の1割以上在籍している必要。「認知症サポーター」は、認知症に対して正しい知識や対応の仕方を理解する「認知症サポーター養成講座」を受講することで資格が取れる。

対象なるお店は、銀行、商店、スーパー、コンビニなどの企業や団体、郵便局、警察や公共交通機関など、様々な業種のお店が対象となる。現在、銀行や薬局など6店舗が「認知症サポーターのいるお店」として登録している。

地域ぐるみで認知症を見守る

北見市は、「認知症サポーター養成講座」を地域や団体、企業からの依頼で出前講座を開催している。また、市で開催する「認知症サポーター養成講座」は、広報で紹介している。

「認知症サポーターのいるお店」が増加することで、認知症患者とその家族が安心して暮らせる地域づくりができる。「認知症サポーターのいるお店」への登録は、北見市介護福祉課へ登録用紙を提出する必要がある。

(画像はプレスリリースより)

▼認知症関連おすすめ書籍

▼認知症ねっと おすすめサービス

▼外部リンク
北見市介護福祉課 新着情報


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5地中海料理を元にした「マインド食事法」は、アルツハイマー型認知症…
  6. 6「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  7. 7【広川先生のMCIコラム(第2回)】早く気づけば認知症にならない…
  8. 8趣味を再開、物忘れ改善など…ホタテ由来プラズマローゲン体験者の声
  9. 9厚労省、30年度概算要求まとめる。実質過去最大31.4兆円に
  10. 10認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
このページの
上へ戻る