作家 ねじめ正一氏、「ねじめ流認知症介護の作法」を語る。

2015年4月27日

5月号巻頭インタビューは認知症がテーマ

株式会社ザップは4月23日に、月刊介護情報誌「あいらいふ」5月号、巻頭インタビュー記事「ねじめ流認知症介護の作法」を掲載していることを公開した。

語るのは小説作家

インタビューに答えているのは作家、ねじめ正一氏。

ねじめ氏は2014年に「認知の母にキッスされ」という認知症の母と、介護を行う息子をユーモアたっぷりに描いた小説を中央公論新社より発表している。

同インタビューでは、ねじめ氏が母親へ行った介護のほか、ねじめ氏の母親が父親へ行った介護の話もしているとのこと。

ちなみに、ねじめ氏の母親の行った介護は「二十三年介護」という書籍にもなっている。

月刊介護情報誌あいらいふとは?

首都圏の市役所高齢者介護担当窓口や病院、薬局、社会福祉協議会、在宅介護支援センターなどで無料配布している「あいらいふ」は有料老人ホームなどをしょうかいしている冊子で、毎月第4木曜日に発行しているとのことだ。

発行している株式会社ザップは高齢者向け住宅などの、介護施設紹介事業を行っており「あいらいふ入居相談室」を運営している。

▼認知症関連おすすめ書籍

▼外部リンク
「あいらいふ」5月号が好評配布中です。
作家、ねじめ正一氏登場「ねじめ流認知症介護の作法」を語る


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3米バイオジェン社、アルツハイマー病新薬の試験データを発表
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  5. 5メットライフ生命、「#老後を変える」キャンペーン開始
  6. 6「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  7. 7厚労省、30年度概算要求まとめる。実質過去最大31.4兆円に
  8. 8今野先生コラム「食事で認知症予防」第4回:記憶力維持に重要なコリ…
  9. 9パソコンやスマホで行う脳トレ「ブレインHQ」 驚きの効果とは?
  10. 10認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
このページの
上へ戻る