認知症の女性が2重投票、選管が投票済みの記載を見落とす【大分県】

2015年4月13日

統一地方選で期日前投票のミス

2015年4月9日、豊後大野市選挙管理委員会は県知事選と県議選の期日前投票で2重投票が起きたことを発表し、謝罪した。期日前投票を巡っては、九重町と国東市においても、統一地方選での期日前投票で選挙管理委員会のミスが発覚している。

投票者は認知症。2重投票の認識はなかった

今回の2重投票をしたのは70代の女性で、医師に確認したところ重い認知症を患っており、本人に2重投票した認識は全くないという。

女性は同9日午前11時すぎに市役所にある期日前投票所にて、投票を行ったという。

その際に、選挙人名簿と宣誓書の確認を行うために、受付担当である臨時職員がパソコンの画面を確認した。画面には女性が4月4日に投票済みと表示されていたのにも関わらず、見落としてしまい、投票用紙の交付を行ってしまったという。

受付担当であった臨時職員は、自分のパソコン操作でそのような表示になったのだと誤解していたとのことだ。

2重投票された票は特定することが難しいとして、通常の票としてカウントされる。

豊後大野市選挙管理委員会は、今後は徹底して再発防止を行うとしている。

(画像は豊後大野市選挙管理委員会より)

▼認知症関連おすすめ雑誌

▼外部リンク
豊後大野市選挙管理委員会


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  5. 58/18、19:00~「その原因、Xにあり!」は夏野菜SP。認知…
  6. 6認知症進行、自宅で予防するアプリ
  7. 7シリーズ「認知症に寄り添う人々」ダイジェスト
  8. 8認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  9. 9認知症を予防できる未来へ。ホタテ由来のプラズマローゲン最新研究成…
  10. 10東京都、認知症支援の医療機関を新たに指定、計51か所となる
このページの
上へ戻る