バイオジェンの治験薬 アルツハイマーの進行を遅らせる

2015年3月30日

アルツハイマー認知症治療薬のデータを発表

アルツハイマー認知症治療薬を開発しているバイオジェン・アイデックは、3月20日、フランスで開催している学会で、臨床試験のデータを発表した。

今回のデータは、アルツハイマー病治療薬の小規模な第1相臨床試験の結果を報告した。

166人を対象とした結果

バイオジェンの発表したデータは、軽度~中度の初期アルツハイマー病患者166人を対象とした高用量の治験薬「BIIB037」とプラシーボの比較を行った。

「BIIB037」は、脳内のベータアミロイドを減少させ、認知低下の度合いも和らいだ。また、投与量を増やし、投与期間を延ばすことで、今以上の効果が期待できる。アルツハイマー病の原因は、いまだに解明されていない。

過去の創薬は、全て失敗になっているため、今回の新薬が承認される保証はない。しかし、統計上では、有意な認知症劣化の進行を遅らせた結果が確認された。

今後へ期待と課題

今回、166人の小規模臨床試験結果から、バイオジェンは、アルツハイマー病患者1000人を対象とした大規模な臨床試験を行うことを決めた。

バイオジェンは、安全性と認容性についても許容範囲としているが、頭痛が起きるという副作用の結果も出ている。今後、副作用の課題についても解明が必要になってくる。

認知症関連おすすめ雑誌

▼外部リンク
バイオジェン・アイデック・ジャパン


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  5. 5【明日放送】TBS「人間とは何だ…!? 健康・長寿の最新常識」
  6. 6東京都、認知症支援の医療機関を新たに指定、計51か所となる
  7. 7認知症を予防できる未来へ。ホタテ由来のプラズマローゲン最新研究成…
  8. 8認知症進行、自宅で予防するアプリ
  9. 9自宅で最適なケアをお手伝い~ダスキンホームインステッド【ADI国…
  10. 10テロメアで認知症予防「遺伝子体質検査ドクターズ・アドバイス」
このページの
上へ戻る