認知症改善プログラムドキュメンタリー「僕がジョンと呼ばれるまで」福岡市で上映

2015年3月19日

認知症改善プログラム「学習療法」の長期取材

“脳トレ”で知られる川島隆太教授(東北大学加齢医学研究所)と公文教育研究会が、介護現場協力のもと開発した「学習療法」。この学習療法実施の長編ドキュメンタリーが、映画「僕がジョンと呼ばれるまで」(2013年)だ。

仙台放送がアメリカでの実証研究を取材したものだが、ドキュメンタリー映画として2013年4月にアメリカンドキュメンタリー映画祭・最優秀観客賞、2013年5月にはベルリン国際フィルムアワード・特別選考賞を受賞している。

認知機能や自立機能の改善を図る「学習療法」

利用者の平均年齢が80歳で、多くの利用者が認知症だというアメリカ・オハイオ州の介護施設が舞台。主人公は認知症と診断されて2年目のエブリン(93歳)と介護スタッフのジョン。

この二人が認知症改善を目指し学習療法に挑戦、はじめは名前も覚えてもらえないジョン。じょじょに笑顔が増し、ジョークまで話せるようになるエブリン。

学習療法のねらいは、スタッフが一緒になって読み・書き・計算に取り組むことで、言葉や感情などをつかさどる前頭前野を活性化させることにあるという。

福岡市での上映は3月26日・場所は中央市民センター

映画「僕がジョンと呼ばれるまで」は、昨年3月より全国で順次公開されてきた。このたびの上映会は、福岡県内で学習療法に取り組む福祉施設などの企画により実現。

認知症治療に希望を与えてくれる、登場人物のあふれる笑顔が印象的なドキュメンタリー映画。福岡市以外にも県内での上映予定あり。詳しくは主催者の九州共同映画社(092-741-7112)まで。

▼認知症関連おすすめ書籍

▼外部リンク
映画「僕がジョンと呼ばれるまで」公式サイト
学習療法研究会 ■公式サイト


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  5. 5認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  6. 6認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  7. 7【広川先生のMCIコラム(第2回)】早く気づけば認知症にならない…
  8. 8趣味を再開、物忘れ改善など…ホタテ由来プラズマローゲン体験者の声
  9. 9困りごとも相談できる薬のスペシャリスト ~【第3回】認知症に寄り…
  10. 10ナガセ ビューティケァ 、発酵オタネニンジンで認知症抑制を研究
このページの
上へ戻る