認知症最新ニュース

カマンベールチーズにアルツハイマー型認知症を予防する効果あり! 東大研究

2015年3月23日

原因物質の沈着を抑える
東京大学大学院農学生命科学研究科のグループとキリン株式会社、小岩井乳業株式会社は、カマンベールチーズに含まれる成分が、アルツハイマー病の症状を再現したマウスの実験で、その原因物質であるアミロイドベータの沈着を抑える効果があることを発見した。

この研究論文は、米国科学誌「PLOS ONE」に2回にわたり掲載。

白カビによる発酵工程で生成される成分
今回の研究では、市販のカマンベールチーズ入りの飼料を食べたアルツハイマー病モデルマウスにおいて、カマンベールの入っていない飼料を食べたマウスにくらべ、アミロイドベータの脳内沈着が減少し、脳内の炎症の緩和がみられた。

また、カマンベールチーズの製造時に使う白カビで発酵させた乳には、脳内の老廃物を除去するミクログリアの活性化に有効で、抗炎症活性を示す成分、オレイン酸アミドと、デヒドロエルゴステロールが含まれることが明らかになった。これらの成分は、白カビによる発酵工程で生成されたと考えられる。

予防効果を科学的に解明
これまでチーズなどの発酵乳製品には、認知機能の低下を予防する効果があるとの疫学的な報告はなされていたが、そのメカニズムや有効成分は解明されていなかった。

昨今日本では、高齢者の増加にともない、認知症への関心が高まっている。しかし現在、認知症には十分な治療法がみつかっておらず、さまざまな予防への取り組みがおこなわれている。

今回の研究により、カマンベールチーズによるアルツハイマー病への予防効果が科学的に裏付けられたこととなり、今後の認知症解明への進展が期待される。

(画像はプレスリリースより)


>>>カマンベールの研究者に独占取材!キリン研究員のインタビューはこちら

▼おすすめ「カマンベールチーズ」はこちら
▼関連記事
認知症早期発見テストはこちら

▼外部リンク
東京大学 プレスリリース
「PLOS ONE」論文

こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは[PR]
  3. 3レビー小体型認知症のパーキンソニズムに対し有効性
  4. 4白質病変を地中海料理で防ぎ認知症予防。たけしの『みんなの家庭の医…
  5. 5【NHK今夜放送】 脳がよみがえる!? 再生医療大国・日本の底力
  6. 6東急不動産、認知症にやさしいケアレジデンス
  7. 7アルツハイマー型認知症の新薬候補、米バイオジェン社に期待
  8. 8認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?![…
  9. 9介護の現場 入居者の意思を尊重し「できること」を探す[PR]
  10. 10認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
このページの
上へ戻る