認知症患者の介護を支援 パナソニックのショートステイ付き介護サービスセンター

2015年3月10日

住み慣れた地域で必要な介護が受けられる

パナソニック エイジフリーサービス株式会社は3月1日、神奈川県川崎市に介護サービスセンター「パナソニック エイジフリー登戸」をオープンした。

同センターの特長のひとつは、ショートステイの受け入れ体制を整えていること。自宅でケアを受けている要介護者について、数日から数週間の間、同施設において24時間の介護サービスが受けられるシステムだ。

同社は今後、同様のショートステイ付き介護サービスセンターを首都圏や近畿圏、中京圏などに拡大し、2018年度末までに200拠点へと増加させるとしている。

通い慣れた場所で安心してショートステイを

同センターではショートステイに加え、デイサービス、訪問入浴介護、訪問介護、居宅介護支援の5種類のサービスを一拠点にて実施する。

とくに認知症の患者にとっては、いつも通っているセンターでショートステイを受け入れてもらえることで、本人の心理的な不安の軽減になる。また家族も安心してサービスを利用することができそうだ。

センターの内装や設備にもこだわり、パナソニックが培った技術を活かした介護機器、家電製品などを導入。木質感があり温かみのある室内で、高品質な介護サービスを受けられる。

(画像はプレスリリースより)

▼認知症関連おすすめ書籍

▼外部リンク
パナソニック エイジフリーサービス株式会社 プレスリリース
パナソニック エイジフリーサービス株式会社


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3米バイオジェン社、アルツハイマー病新薬の試験データを発表
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  5. 5メットライフ生命、「#老後を変える」キャンペーン開始
  6. 6「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  7. 7厚労省、30年度概算要求まとめる。実質過去最大31.4兆円に
  8. 8今野先生コラム「食事で認知症予防」第4回:記憶力維持に重要なコリ…
  9. 9パソコンやスマホで行う脳トレ「ブレインHQ」 驚きの効果とは?
  10. 10認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
このページの
上へ戻る