神戸市と第一三共『認知症を地域で支えるまちづくり』連携協定締結

2015年3月17日

安心して暮らし続ける

神戸市では、2月23日、第一三共株式会社と「認知症を地域で支えるまちづくり」のための連携を締結したと発表。

この協定は、医療職・介護職などの専門職種が連携し、認知症の人を支援する体制をつくっていく取り組みを進め、認知症の人が安心して暮らし続けることができる地域づくりを推進することを目的とする。

第一三共の支援と協力に期待

第一三共は、国内外において新薬開発と研究に取り組み世界的な創薬事業を展開する日本の大手薬品メーカーの1つ。

神戸市が認知症の人を支援する地域支援体制を構築していく施策において、その実施、意識啓発、情報提供に関し、さまざまなかたちで協力していく。

また、「認知症になっても本人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域で安心して暮らし続ける神戸市」づくりを促進するための活動を支援していく。

ほっとヘルパーサービス

神戸市では、認知症高齢者訪問支援員派遣事業(ほっとヘルパーサービス)をおこなっている。在宅において生活する認知症高齢者に対して、週1回、見守りを目的とした訪問支援員(ヘルパー)を継続的に派遣するというもの。

居宅での見守り・話し相手・趣味活動への付き添いのほか、散歩、買い物、各種行事、墓参りなど社会的慣習への参加・外出活動の付き添いなどもおこなう。

今回の第一三共との協定締結により、「認知症を地域で支えるまちづくり」の施策が、さらに広がりを見せることが期待される。

▼認知症関連おすすめ雑誌

▼外部リンク
神戸市「第一三共株式会社との『認知症を地域で支えるまちづくり』連携にかかる協定」


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3米バイオジェン社、アルツハイマー病新薬の試験データを発表
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  5. 5メットライフ生命、「#老後を変える」キャンペーン開始
  6. 6「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  7. 7厚労省、30年度概算要求まとめる。実質過去最大31.4兆円に
  8. 8今野先生コラム「食事で認知症予防」第4回:記憶力維持に重要なコリ…
  9. 9パソコンやスマホで行う脳トレ「ブレインHQ」 驚きの効果とは?
  10. 10認知症患者らがタスキをつなぎ日本縦断「RUN伴」
このページの
上へ戻る