太陽生命、『認知症予防アプリ』を全面リニューアル

2018年4月11日

歩行速度をリアルタイムに確認

太陽生命保険株式会社は4月2日より、認知症の予防をサポートするスマートフォンアプリ『認知症予防アプリ』を全面リニューアルしました。

『認知症予防アプリ』は、歩行速度を継続的に測定し、将来の認知症・軽度認知障害(MCI)のリスク予兆が発見された場合にご本人と指定されたご家族(見まもり家族)に通知する国内初のスマートフォンアプリです。東京都健康長寿医療センターの大渕修一医学博士監修のもと開発され、平成28年10月より提供されています。

歩行速度の急な低下には注意が必要

今回のリニューアルは、IT企業・ネオス株式会社との共同開発により行われました。トップ画面を一新、歩行状況をリアルタイムで確認できるようになった他、新たに「脳トレドリル」が追加され同年代の利用者と比較ができるランキング機能が付加されるなど、認知症予防機能が強化されました。

歩行速度の急な低下は認知症予備群といわれる軽度認知障害(MCI)のリスクが高まっている可能性があることが近年の研究によりわかっています。太陽生命では、平成28年3月に生保業界で初めて、健康に不安のある方でも加入できる、認知症による所定の状態を保障する保険「ひまわり認知症治療保険」を発売しており、「今後も人生100歳時代に対応した商品・サービスの一体的な提供に取り組みたい」としています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク
太陽生命、『認知症予防アプリ』を全面リニューアル! ~ご家族と一緒に楽しく取り組む認知症予防~


このページの
上へ戻る