町田市、富士通・アジラの両社と見守りサービスの実証実験

2017年9月30日

画像マッチングを利用した見守りサービス

町田市は、富士通株式会社のクラウド型IoTデータ活用基盤サービス「FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platform」と、創業支援施設「町田新産業創造センター」に入居する株式会社アジラの画像認識技術を活用し両社が共同開発した、帰宅困難者を見守るサービスの実証実験を、9月27日(水) 午後2時~3時30分まで行うと発表しました。

町田市は、地域のネットワーク構築により、高齢者の方が住み慣れた地域で安心して生活をできるよう、見守りのための体制づくりを進めており、その一環となっています。

この実証実験は町田市中心街において、協力者である認知症サポーターが専用アプリをスマートフォンにインストール、撮影した帰宅困難者役の画像と位置情報を「K5 IoT Platform」にアップロードし、家族役によって事前に登録された帰宅困難者役の画像とのマッチング情報を通知して位置を確認することで、サービスの有用性を検証します。

▼外部リンク
町田市は、富士通株式会社・株式会社アジラと連携し、ICTを活用した帰宅困難者を見守るサービスの実証実験を行います


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1クリカン(栗田貫一)やドン小西は認知症予備軍!「私の何がイケない…
  2. 2「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  3. 3認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  4. 4「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  6. 6認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  7. 7徹底したサービスで特別感のある場所づくり~【第4回】認知症に寄り…
  8. 8レビー小体型認知症、最新の治療法は?
  9. 9英国発「セラピューティック・ケア」、大阪・枚方で初の講座開催
  10. 10生活支援につながる栄養ケアで負担を軽くしたい ~【第2回】認知症…
このページの
上へ戻る