リストバンド型見守り端末「みまもーら」、販売拡大へ

2017年9月29日

より広範囲な利用を促進

株式会社メディアインキュベート(東京都中央区)は、当サイトでもとり上げてきた、リストバンド型見守り端末「みまもーら」(株式会社みまもーら)の販売を開始し、地方自治体、福祉施設向けの提携先の開拓から、イベント開催、メディア企業との連携など、新たな販売戦略を実施すると発表しました。

生活防水にも対応した「みまもーら」はストレスなく気軽に携行できるリストバンド型の見守り端末として、日常的に装着することができ、緊急時にはGPSにより連携したスマートフォンで正確な位置を把握でき、早急な対応を助けます。開発パートナーが新潟市にて行った実験によると最長16kmの通信に成功しています。

同社は「高齢者だけでなく子供の見守りからペットの利用も想定し、様々な用途での活用を見越して、提携企業を広げていく」としています。

(文中画像は公式HPより)

▼外部リンク
【IoTの見守りデバイスの販売促進】事業創造支援企業のメディアインキュベートがIoTの見守りデバイス「みまもーら」の販売促進を開始。地方自治体、メディア企業との連携、販売先の開拓を実施


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1クリカン(栗田貫一)やドン小西は認知症予備軍!「私の何がイケない…
  2. 2「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  3. 3認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  4. 4「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  6. 6認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  7. 7徹底したサービスで特別感のある場所づくり~【第4回】認知症に寄り…
  8. 8レビー小体型認知症、最新の治療法は?
  9. 9英国発「セラピューティック・ケア」、大阪・枚方で初の講座開催
  10. 10生活支援につながる栄養ケアで負担を軽くしたい ~【第2回】認知症…
このページの
上へ戻る