東京都、公共データの活用を目指してワークショップを各地で開催

2017年9月30日

公共データの活用で地域課題の解決を目指す

東京都では、行政が保有する公共データを活用した地域課題の解決、住民生活の利便性向上を目指し、オープンデータの取り組みを進めています。その一環として、各地において地域課題解決のアイデアを創出するワークショップ「東京都オープンデータ アイデアソンキャラバン」を都内各地域を巡行して開催します。

それぞれの地域が直面する課題がテーマとなり、参加者からアイデアを募ることになりますが、認知症関連が予定されている多摩地域(日野市)の概要は次のとおりです。奮ってご参加ください。

多摩地域 ⇒ 日野市
テーマ:①本人も家族も安心できる「認知症の方の外出」支援
    ②誰でも気軽に外出できる「トイレの機能情報」の充実
日時:平成29年11月12日(日)9:00~18:00
会場:PlanT 多摩平の森産業連携センター
定員:80名

各開催地の設定テーマに関心のある方にご参加いただき、グループ(1班6名程度)に分かれて活動していただきます。 当日は、識者からの情報提供、インターネット、関連書籍等からの情報収集を踏まえ、オープンデータを活用した課題解決のためのアイデアを創出していきます。詳しい参加方法や締切などについては、下記外部リンクよりご覧ください。

▼外部リンク
「東京都オープンデータ アイデアソンキャラバン」を開催します! 日野市「テーマ ①本人も家族も安心できる「認知症の方の外出」支援」


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1クリカン(栗田貫一)やドン小西は認知症予備軍!「私の何がイケない…
  2. 2「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  3. 3認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  4. 4「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  6. 6認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  7. 7徹底したサービスで特別感のある場所づくり~【第4回】認知症に寄り…
  8. 8レビー小体型認知症、最新の治療法は?
  9. 9英国発「セラピューティック・ケア」、大阪・枚方で初の講座開催
  10. 10生活支援につながる栄養ケアで負担を軽くしたい ~【第2回】認知症…
このページの
上へ戻る