大阪市、市立弘済院附属病院における「若年性認知症外来」を実施

2017年9月18日

若年性認知症の支援体制を強化

大阪市は9月1日、大阪市立弘済院附属病院(吹田市古江台6-2-1)において、若年性認知症外来を9月から実施すると発表しました。同市は若年性認知症の普及啓発、早期診断・支援のため各区に相談窓口を設置するなど、支援体制を強化しています。

若年性認知症外来では、認知症専門医による鑑別診断や薬物療法のほか、専門スタッフによる助言やピアカウンセリングを行うなど、本人や家族への支援に力を入れます。また、かかりつけ医や地域包括支援センター、看護外来や家族会等といった活動とも連携します。

診察は毎週水曜日午前中、完全予約制となっています。予約時には「いつからどのような症状があるのか」、「症状や困り事」、「介護保険の状況」などについて、あらかじめ伝えておきます。

▼外部リンク
大阪市、大阪市立弘済院附属病院における「若年性認知症外来」の実施について


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1クリカン(栗田貫一)やドン小西は認知症予備軍!「私の何がイケない…
  2. 2「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  3. 3認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  4. 4「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  6. 6認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  7. 7徹底したサービスで特別感のある場所づくり~【第4回】認知症に寄り…
  8. 8レビー小体型認知症、最新の治療法は?
  9. 9英国発「セラピューティック・ケア」、大阪・枚方で初の講座開催
  10. 10生活支援につながる栄養ケアで負担を軽くしたい ~【第2回】認知症…
このページの
上へ戻る