そーせいグループ、アルツハイマー病等の新薬を開発中

2017年9月22日

英国において健常被験者への投与を実施

そーせいグループ株式会社(東京都千代田区)の子会社、Heptares Therapeutics(ヘプタレス・セラピューティクス、以下、Heptares社)と、提携先の世界大手バイオ医薬品会社Allergan社は、認知症の60〜70%を占めるアルツハイマー病等に効果のある新薬(HTL16878)の開発を進めており、最初の被験者である健常人に投与したと発表しました。

Heptares社は、英国において二重盲検無作為(First in Human)試験を行い、最大106 人の健常被験者への HTL16878 の単回および反復投与終了後、安全性、認容性、薬物動態に関する評価を行い、結果の速報は 2018 年上期に得られる予定です。

2050年、全世界の認知症患者は1億3,000万人に

アルツハイマー病治療に有効な薬剤は限られており、効果も一時的であると言われています。全世界では4,500 万人を超える人々(北米480 万人、西欧諸国 750 万人、アジア太平洋地域 360 万人)が認知症を患っているとされ、2050年には1億3,000万人にも上ると言われています。アルツハイマー病や認知症に関する医療コスト、年々大幅な増加を続けており、新たな治療法が喫緊に必要とされています。

▼外部リンク
そーせいグループ、アルツハイマー病等の主要症状の治療薬として開発中の新薬候補、選択的ムスカリンM4受容体作動薬の第I相臨床試験で最初の被験者への投与を実施


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1クリカン(栗田貫一)やドン小西は認知症予備軍!「私の何がイケない…
  2. 2「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  3. 3認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  4. 4「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  6. 6認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  7. 7徹底したサービスで特別感のある場所づくり~【第4回】認知症に寄り…
  8. 8レビー小体型認知症、最新の治療法は?
  9. 9英国発「セラピューティック・ケア」、大阪・枚方で初の講座開催
  10. 10生活支援につながる栄養ケアで負担を軽くしたい ~【第2回】認知症…
このページの
上へ戻る