認知症予防、ストレスマネジメントに役立つ「ハンドコミュニケア」

2017年9月7日

高齢化対策と地域活性化を一つに

埼玉県東松山市の官民共同地域ファンド「起業家サポートファンド」から第1号の出資を受け、株式会社コミナスは、2017年8月より「ハンドコミュニケア事業」(資格制度、研修、人材サービス)を開始しました。

「ハンドコミュニケア」とは、手のひらや手の甲、指などを刺激するリフレクソロジーの一種です。手に触れることで安心感を与え、ストレス解消や認知症ケアなどに役立つとされています。いつでもどこでも誰にでもでき、認知症予防、ストレスマネジメントに役立つとされています。

同社は、2010年からハンドコミュケア事業を運営している一般社団法人国際オーガニックセラピー協会(IOTA)から事業を継承し、資格制度の運営、研修などを中心に「ハンドコミュニケア」の普及を目指します。双方とも同じ代表者ということで、地域におけるより広範で充実した事業展開となりそうです。

(画像は東松山市の森田市長にハンドコミュケアを行う、コミナスの鳥塚ルミ子氏。※プレスリリースより)

▼外部リンク
日本初!地域ファンド出資1号会社株式会社コミナス 認知症予防、ストレスマネジメントに役立つ「ハンドコミュニケア」


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1そーせいグループ、アルツハイマー病等の新薬を開発中
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  5. 5「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  6. 6「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  7. 7今野先生コラム「食事で認知症予防」第4回:記憶力維持に重要なコリ…
  8. 8パーキンソン病治療剤「トレリーフ」、効能を追加申請
  9. 9米バイオジェン社、アルツハイマー病新薬の試験データを発表
  10. 10今週の認知症関連NEWSまとめ[9/22]
このページの
上へ戻る