大塚製薬、アバニア社買収契約締結 アルツハイマー型認知症に本格参入

2014年12月5日

4,200億円で買収

大塚製薬株式会社は、12月2日、米国バイオベンチャー企業のアバニアファーマシューティカルズ(アバニア社)と、子会社大塚アメリカ を通じて合併、アバニア社を約4,200億円で買収することで合意した。

中枢神経疾患領域に強いアバニア社

アバニア社は、中枢神経疾患領域を専門としており、世界初で唯一の情動調節障害(PBA)治療薬である「ニューデクスタ」を開発。2011年2月に米国で発売を開始し、順調に売り上げを伸ばしている。

同社はまた、アルツハイマー型認知症、パーキンソン病など神経系の分野の開発もおこなっている。アルツハイマー型認知症における行動障がいの治療薬として新規に「AVP-786」の開発に取り組んでおり、現在そのフェーズ3臨床試験の準備中だ。

行動障がいの治療薬

アルツハイマー型認知症の患者の5割は、介護者に対する暴言や暴力、錯乱などの行動障がいを起こすという。これらの症状は、介護者の負担を重くするばかりでなく、本人や家族を苦しめ、介護施設への入居を困難にする要因ともなる。さらにこれらの行動障がいは、認知機能をより急速に低下させる。

アルツハイマー型認知症にともなう行動障がいには、現在有効で安全な治療薬がないため、アバニア社が進める後期開発品「AVP-786」への期待は大きい。

アルツハイマー型認知症への取り組み

大塚製薬は今回の買収により、神経疾患治療薬「ニューデクスタ」の市場に参入するばかりでなく、アルツハイマー型認知症の行動障がい治療を目的とした「AVP-786」をも傘下におくこととなる。

大塚製薬が強みとする「精神疾患領域」に、アバニア社の「神経疾患領域」の臨床開発力と市場開拓力が加わる。

大塚製薬はかねてより、アルツハイマー型認知症を重要な疾患領域ととらえており、すでに2つの化合物がフェーズ3の開発段階にある。

ここにアバニア社の開発成果が加わることで、アルツハイマー型認知症の病態進展抑制、認知力低下抑制、行動障がいなどさまざまな開発のニーズに応えていくこととなる。

▼外部リンク
大塚製薬株式会社 プレスリリース
大塚ホールディングス ホームページ


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 18/18、19:00~「その原因、Xにあり!」は夏野菜SP。認知…
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  4. 4認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  6. 6若年性認知症の方の居場所をつくりたい ~【第1回】認知症に寄り添…
  7. 7「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  8. 8認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  9. 9自宅で最適なケアをお手伝い~ダスキンホームインステッド【ADI国…
  10. 10高齢者事故の対策に!「白質病変」に対するコリン摂取のメリットとは…
このページの
上へ戻る