日本認知症グループホーム協会セミナー「『気持ちよい排泄』を支えるケア」開催

2014年11月26日

排泄に関わるケア

公益社団法人日本認知症グループホーム協会東海北陸ブロック静岡県支部では、2015年1月18日、認知症ケアに関わる人を対象に、「『気持ちよい排泄』を支えるケア」のセミナーを開催する。

人間にとって、毎日の生活に欠かせないものは、食べることと排泄すること。排泄に関わるケアは、本人にとっても介護する側にとっても、心身の負担が大きく、在宅での介護を継続する上で大きな課題となるものだ。

気持ちのよい排泄を考える4つの演題

認知症と排泄ケアの問題について、4人の専門家を迎え、さまざまな視点から考察。気持ちのよい排泄を支援できるよう共に学び、考えるセミナーとなる。演題は、以下の通り。

【演題1】 「認知症と日常生活における排泄の課題~介護現場から~」グループホームケアクオリティ和音主任 岩崎敏子氏
【演題2】 「認知症患者と排泄障害~診断・治療に役立つ介護者の役割~」かげやま医院 影山慎二氏
【演題3】 「認知症高齢者の排泄ケア~看護介護の実践~」日本コンチネンス協会コンチネンスアドバイザー 佐藤文恵氏
【演題4】 「排泄用具の選定・フィッティングのテクニック」福祉用具プランナー静岡 おむつフィッター 林まち子氏
(セミナー案内ファイルより引用)

参加者は認知症ケア専門士研修2単位取得

【日時】2015年1月18日(日)13時~16時30分
【会場】 静岡県総合社会福祉会館シズウエル( 静岡市葵区駿府町1-70 )
【定員】100名
【参加費】資料代として1,000円

申込みは、2014年12月31日まで。セミナー案内ファイルよりFAXにて。なおこのセミナーの参加者には、認知症ケア専門士研修2単位の取得が認められる。

▼外部リンク
公益社団法人日本認知症グループホーム協会HP・研修情報
セミナー案内ファイル


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5地中海料理を元にした「マインド食事法」は、アルツハイマー型認知症…
  6. 6「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  7. 7【広川先生のMCIコラム(第2回)】早く気づけば認知症にならない…
  8. 8趣味を再開、物忘れ改善など…ホタテ由来プラズマローゲン体験者の声
  9. 9厚労省、30年度概算要求まとめる。実質過去最大31.4兆円に
  10. 10認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
このページの
上へ戻る