第16回大会「認知症の人の輝く世界」開催決定、演題登録受付中

2014年11月17日

2015年5月23日・24日、札幌にて

一般社団法人日本認知症ケア学会では、2015年5月23日・24日、「認知症の人の輝く世界~その時々に拓かれるケアの叡知~」と題して、第16回大会を北海道札幌市で開催する。

参加申込みは、2014年7月10日~2015年4月13日。演題登録期間は、2014年10月1日~12月25日となっているので、大会での発表を希望する人は早めの準備が必要だ。

ケアの叡知を結集

大会長である北海道医療大学の山田律子氏は、認知症ケアは多職種の介護従事者がそれぞれの専門性を発揮し、知恵を集めて介護にあたる「ケアの叡知」が必要だとのべている。つねに当事者を主体と考え、認知症の人が心地よく暮らせる世界を模索する大会となる。

【日時】2015年5月23日(土)~24日(日)
【会場】ホテルさっぽろ芸文館(札幌市中央区北1条西12) /札幌市教育文化会館(札幌市中央区北1条西13)
【参加費】会員(事前参加申込み) 8,000 円/会員(当日参加申込み)10,000 円/非会員(事前・当日参加申込み)10,000 円
※会員登録まで約2週間かかるため、入会希望者は2015年4月13日までに入会手続きをする必要がある。
(公式サイトより引用)

演題発表者募集

大会での発表を希望する人は、発表する内容をまとめ(抄録の作成)、学会ホームページから登録。抄録の登録期間は2014年12月25日(木)16時まで。大会参加の申込みも必要となる。

大会実行委員会が、発表内容に倫理的配慮がなされているかの確認として「査読」をおこない、発表が決定する。修正が必要と判断された場合は、登録期間内にかぎり、登録した抄録を修正することができる。

発表形式は、ポスター発表と口頭発表。発表時間は10分(発表7分/質疑応答3分)。応募者多数の場合は抽選となる。なお発表者は、日本認知症ケア学会の正会員もしくは施設・団体会員にかぎられる。

(画像は大会公式サイトより)

▼外部リンク
一般社団法人日本認知症ケア学会「認知症の人の輝く世界」


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5地中海料理を元にした「マインド食事法」は、アルツハイマー型認知症…
  6. 6「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  7. 7【広川先生のMCIコラム(第2回)】早く気づけば認知症にならない…
  8. 8趣味を再開、物忘れ改善など…ホタテ由来プラズマローゲン体験者の声
  9. 9厚労省、30年度概算要求まとめる。実質過去最大31.4兆円に
  10. 10認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
このページの
上へ戻る