帝人ファーマが、新たな治療薬候補の独占的ライセンスを供与

2017年6月14日

アルツハイマー病の進行抑制に期待される化合物

帝人ファーマ株式会社は、新規アルツハイマー病治療薬の候補化合物について、米国メルク社に全世界における独占的開発・製造・販売権を供与するライセンス契約を締結したと発表しました。

認知症の中で最も多いとされているアルツハイマー病の特徴は、アミロイドβたんぱく質が細胞外に溜まって老人斑を形成すること、異常にリン酸化されたタウたんぱく質が細胞内に溜まって神経原線維変化することにあり、病態の進行に関与すると言われています。

今回、帝人ファーマがライセンスを供与した化合物は「抗リン酸化タウ抗体」。異常にリン酸化されたタウたんぱく質に特異的に結合するように創製された化合物で、病態の進行抑制が期待されています。

帝人ファーマは、抗リン酸化タウ抗体の全世界における独占的な開発・製造・販売権を米国メルク社に供与しましたが、日本における共同販促の権利は保持。販売開始に向けた臨床開発は、米国メルク社が進めていくことになっています。

▼外部リンク
帝人ファーマ株式会社プレスリリース


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2【明日放送】TBS「名医のTHE太鼓判5 SP」手術で改善可能な…
  3. 3アルツハイマー病の原因となる遺伝子を推定(東北大学)
  4. 4「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  5. 5認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  6. 6警察庁が提言、認知症などが関係する交通事故防止の方策
  7. 7【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  8. 8大阪市立大学と14社が認知症などの解決に向け協定を締結
  9. 9「治療で改善できる認知症・iNPH」張家正先生インタビュー
  10. 10「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
このページの
上へ戻る