フランスベッド、「見守りケアシステム M-2」を発売

2017年5月10日

フランスベッド株式会社は、病院施設向けに体動や動作を検知し通知する見守りロボット「見守りケアシステム M-2」を2017年5月1日より発売します。同社の電動ベッドシリーズ「FBT」、「FBR」、「FB-033」に対応可能となっています。

行動予測により事故を予防

搭載されたセンサーが利用者の動きを検知してナースステーションに通知することにより、ベッドからの転倒、転落の危険性を軽減するほか、認知症の方の徘徊による事故等の予防につながります。『動き出し』・『起き上がり』・『端座位』・『離床』・『離床管理』の5つの通知モードから選んで設定できるほか、体重測定機能も搭載されています。

手元コントローラーで通知日時を確認できる「通知履歴」機能に加え、2つのオプションの機能も用意されています。1つは、通知時間や回数、体動データ等の行動特性詳細がSDカードに記録されて行動予測に繋がる「ログ解析ソフト」機能。2つ目は無線LANを使うことによりリアルタイムで状況を確認できる「無線LAN対応」です。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク
「見守りケアシステム M-2」プレスリリース


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  3. 3認知症に新たな治療の可能性、老化を抑え寿命を延ばす効果も
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  6. 6ソフトバンク、スマホアプリで認知症高齢者見守り支援サービス
  7. 7【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  8. 8【田平武先生インタビュー】第1回:認知症予防の今:脳のネットワー…
  9. 9アミロイド仮説を覆す新しいアプローチのサプリを販売開始
  10. 10TBS「名医のTHE太鼓判5 SP」手術で改善可能な認知症の治療…
このページの
上へ戻る