ドラマ教材「認知症と向き合う」国際会議で上映

2017年4月25日

認知症のドラマ教材 ADI国際会議にて上映

東映株式会社教育映像部が制作したドラマ教材『認知症と向き合う』が、明日4月26日(水)~29日(土)まで国立京都国際会館で開催される、第32回 国際アルツハイマー病協会国際会議において上映されます。

イベントホール1階のAAJシアターで、4/27~29の3日間、繰り返し上映される予定です。

認知症の正しい理解を深める

本作は、認知症への理解を深めることを目的に制作されたドラマ教材。

認知症患者と周囲の人々がよりよく生きていくためには、社会全体が認知症に対する正確な知識、正しい理解が不可欠であり、認知症患者が築く世界を理解し尊重することが大切です。そういった主旨から、認知症患者の視点に立ち、その思いや家族の気持ち、病状についての理解、介護者同士の交流などが描かれています。

上映されるイベントについての詳細は、外部リンクをご参照ください。

(画像は東映のサイトより)

▼外部リンク
ドラマ教材「認知症と向き合う」、第32回 国際アルツハイマー病協会国際会議で上映
公益社団法人 認知症の人と家族の会


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  3. 3認知症に新たな治療の可能性、老化を抑え寿命を延ばす効果も
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  6. 6ソフトバンク、スマホアプリで認知症高齢者見守り支援サービス
  7. 7【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  8. 8【田平武先生インタビュー】第1回:認知症予防の今:脳のネットワー…
  9. 9アミロイド仮説を覆す新しいアプローチのサプリを販売開始
  10. 10TBS「名医のTHE太鼓判5 SP」手術で改善可能な認知症の治療…
このページの
上へ戻る