パナソニック、徘徊検知機器のレンタル契約者に無料で保険を提供

2017年5月4日

無料でケガや損害賠償を補償する「ご家族安心サービス」

パナソニック エイジフリー株式会社が展開する介護ショップ、パナソニック エイジフリーショップでは、2017年5月1日より、認知症老人徘徊検知機器のレンタル契約者を対象に、無料でケガや損害賠償を補償する「ご家族安心サービス」を提供しています。

加入手続きは不要でレンタル時に自動付帯されますが、個人情報の使用同意が必要となっています。

「ご家族安心サービス」は、認知症患者が徘徊中に交通事故に遭ったり、手を滑らせてお店の商品や備品を壊してしまう、電動カートや自転車で歩行者にケガをさせてしまうといったケースを補償してくれ、補償額は「個人賠償責任補償(支払限度1億円)」、「傷害死亡・後遺障害保険(100万円)」となっています。

このサービスが適応されるのは、パナソニック エイジフリーショップにて、次の介護保険適用の徘徊検知機器をレンタル契約された方です。「超音波離床検知システム」、「ドア・窓センサーセット開見(あけみ)ちゃん」」、「ヒトココ」(居宅介護モデル)。

「パナソニック エイジフリーショップ」では、このほか「車いす・歩行器安心サービス」「ベッド安心サービス」「火災時安心サービス」など、掛け金不要でレンタル時に自動で加入できるサービスも提供しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク
プレスリリース


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2【7/21深夜放送】TBS「NEWSな2人」:介護経験者たちが語…
  3. 3「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  4. 4「新オレンジプラン」が改定、目標設定がより具体的に
  5. 5認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  6. 6映画『ハローグッバイ』、もたいまさこが認知症女性をリアルに演じる
  7. 7全国調査「介護の主な原因」認知症が初めてトップ
  8. 8【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  9. 9「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  10. 10大阪市立大学と14社が認知症などの解決に向け協定を締結
このページの
上へ戻る