東急不動産、認知症にやさしいケアレジデンス

2017年4月22日

『世代循環型』の街づくりを目指す

東急不動産株式会社は、様々な世代が多様な暮らし方を実現して住み続けることができる『世代循環型』の街づくりを目指す「世田谷区中町プロジェクト」において分譲マンションとシニア住宅の複合開発を進め、2017年4月、「認知症にやさしいデザイン」のケアレジデンスを完成しました。

このケアレジデンスは、「グランクレール世田谷中町」内に位置し、将来の介護にも安心して人生を愉しむことのできる、シニアのための住まいづくりの実現を目指しています。順天堂大学との包括的連携、英国スターリング大学認知症サービス開発センターとの業務提携を行い、認知症の方に優しいデザインを取り入れました。

具体的には、住んでいる人をより満足・自立させるために、「転倒の危険性や、ストレス、興奮、混乱、不穏、見識障害等本人が不安や混乱する状態を減らすもの」というコンセプトのもと、設計されています。

順天堂大学との包括的提携

東急不動産と順天堂大学は、超高齢化社会の課題解決プログラムの構築を目的に、2015年10月より「包括的連携協力」の協定を締結しており、同大学の佐藤信紘名誉教授・特任教授の指導の下、学問的なアプローチから住空間の開発を進めています。

英国スターリング大学認知症サービス開発センターとの業務提携

英国スターリング大学認知症サービス開発センターとの業務提携では、認知症にやさしいデザインのコンセプトに沿った内装デザイン、家具の検討を行っており、同センターのこれまでの実績によれば、「廊下での転倒が71%減少」、「体重減の割合が13%から3%に改善」、「薬による鎮静行為が宗20回から週1回に減少」、「デザインの改善により、75%の人がポジティブな影響を受け、より何かすることを見つけるようになった(植物の水やりや、洗濯物をたたむ手伝い、食事前のテーブルの用意など)などの」効果があったとされています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク
プレスリリース


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1そーせいグループ、アルツハイマー病等の新薬を開発中
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  5. 5「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  6. 6米バイオジェン社、アルツハイマー病新薬の試験データを発表
  7. 7今野先生コラム「食事で認知症予防」第4回:記憶力維持に重要なコリ…
  8. 8認知症患者らがタスキをつなぎ日本縦断「RUN伴」
  9. 9パーキンソン病治療剤「トレリーフ」、効能を追加申請
  10. 10今週の認知症関連NEWSまとめ[9/22]
このページの
上へ戻る