東京都大田区の介護予防事業、本年度もソフィアメディ社が受託

2017年4月23日

「認知症予防室内ウォーク」を実施

ソフィアメディ株式会社は昨年度に引き続き本年度も、大田区から介護予防事業を受託しました。同社は訪問看護を中心として在宅医療サービスに特化し、東京都・神奈川県を中心に事業所を42か所展開しており、平成18年より目黒区及び大田区の介護予防事業を受託し、その実績を踏まえての継続運営受託となっています。

具体的に行うのは、気軽に行えるウォーキングに頭を使う要素を取り入れた「認知症予防室内ウォーク」です。参加者の皆さんが楽しみながら身体を動かすことで、運動機能が向上し、自信や意欲を高め、住み慣れた地域で自立し、充実した生活をおくれることを目的にしています。

平成23年からは、教室終了後の参加者の受け皿として継続予防ができるよう、目黒区鷹番エリアで地域教室を月2回開催しており、現在100名超の方が登録しています。

介護予防事業とは?

要介護となる前に心身の衰えを防止し、健康を維持することにより、長く住み慣れた地域で元気に暮らしていけるよう、市区町村が独自で提供するサービスです。食生活、体力維持、脳の活性化、社会貢献など様々なメニューが用意されています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク
プレスリリース


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  3. 3生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  5. 5嗅覚を刺激して認知症予防!「においと認知症」の最新研究成果[PR…
  6. 6「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  7. 7中高年からの食事制限はアルツハイマー病を加速する可能性があると研…
  8. 8認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  9. 9認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  10. 10認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
このページの
上へ戻る