名古屋市千種区、エーザイ社と認知症をケアするまちづくりで提携

2017年4月16日

認知症患者とその家族を地域で支えるまちづくり

名古屋市千種区は2017年4月3日、認知症に対する理解促進等、認知症患者とその家族が安心して暮らし続けることができるまちづくり、地域包括ケアシステムの推進を目指して、エーザイ株式会社と連携・協力協定を締結したと発表しました。

2025年には700万人を突破するといわれるいま、地域行政による認知症に対する取り組みとして注目を集めています。

具体的な提携・協力内容

名古屋市千種区とエーザイ社の提携・協力内容は次のとおりです。

1)認知症に対する理解促進及び認知症の方の人権等に関する意識啓発に関すること
2)行政・医療・介護等の関係機関(者)間の認知症の方の支援体制づくり強化に関すること
3)認知症の方のはいかいによる事故防止、早期発見に向けた取り組みに関すること
4)その他認知症の方とその家族が暮らしやすい地域づくりを促進するための活動及び地域包括ケアシステムの推進に関すること

提携・協力内容には、啓発、医療・介護等の体制強化、事故防止・早期発見などによる地域ぐるみの認知症患者ケアが目指されています。認知症患者のますますの増加を見据える地域行政の一つのモデルケースとして、期待されるところです。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク
名古屋市千種区HP


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  3. 3生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  5. 5嗅覚を刺激して認知症予防!「においと認知症」の最新研究成果[PR…
  6. 6「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  7. 7中高年からの食事制限はアルツハイマー病を加速する可能性があると研…
  8. 8認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  9. 9認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  10. 10認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
このページの
上へ戻る