軽度認知障害リスク低減プログラム「アタマカラダ!ジム」

2017年3月10日

軽度認知障害の早期発見、認知症発症リスクの低減プログラム

株式会社キャピタルメディカ(以降、キャピタルメディカ)と、株式会社ジェイアール東日本スポーツ(以降、JRスポーツ)は、東京大学大学院薬学系研究科機能病態学教室の富田泰輔教授の監修のもとで、「アタマカラダ!ジム」を共同開発しました。

厚生労働省調査は、65歳以上の4人に1人(約862万人)を認知症とその予備軍としています。認知症の社会的コストは年間14.5兆円にものぼると推計されています。

軽度認知障害(MCI)の場合は、14%~44%の人が健常に戻る可能性があり、そのための早期発見、およびリカバリープログラムを実施することが、きわめて有効です。

開発において、有酸素運動を行いながら、脳の各部位を刺激するプログラムを実施することが、認知症リスク低減に効果的であると示唆されました。

アタマカラダ!ジム」を介護施設で先行導入した結果

「アタマカラダ!ジム」は、軽度認知障害(MCI)の早期発見テスト及びJRスポーツのノウハウをプログラムに組み入れた認知症のリスク低減運動プログラムです。

キャピタルメディカは、介護事業子会社の株式会社クラーチが運営する7介護施設で、「アタマカラダ!ジム」を先行導入しました。

毎日実施しても楽しく感じ、笑顔が絶えないプログラムとして、入居者だけでなく現場スタッフからも評判がよいものです。
(画像はキャピタルメディカのサイトより)


▼外部リンク
株式会社キャピタルメディカ プレスリリース


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  3. 3ユマニチュードに関するアンケート調査を実施
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  5. 5嗅覚を刺激して認知症予防!「においと認知症」の最新研究成果[PR…
  6. 6認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  7. 7肥満と認知機能低下に関係あり?
  8. 8認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  9. 9認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  10. 10「ブレインHQ」の魅力を探る! 利用者向け交流会
このページの
上へ戻る