袖ケ浦市で、認知症家族のつどいを開催

2017年2月26日

認知症家族のつどい」とは

「認知症家族のつどい」は、平成22年から年4回、土曜日に開催され、7年目を迎える実績のある交流会です。袖ケ浦市地域包括支援センターの高齢者支援課が、主催しています。

認知症患者を介護している人、認知症患者の介護経験のある人らが集まって、認知症についての日頃の悩みを話し合い、専門家の意見も聞くことのできる場となっています。

専門家や参加者と意見交換

3月11日土曜日の午前10時から正午まで、袖ケ浦市市役所敷地内の保健センター 1階 集団指導室で開催されます。
袖ケ浦さつき台病院認知症疾患医療センター長の細井 尚人氏、同病院の医療デイケア部長の石井 弓子氏、地域包括支援センターの職員が参加します。

認知症について悩みを抱える家族が、少人数(10数名、多くても20名)で話しやすい雰囲気の中、専門家や参加者との交流が図られます。日頃の悩みを解消し、介護における悩みや苦労の解決方法について、助言やヒントを得ることが期待できます。

参加費は無料で、事前の申し込みは不要です。保健センターの1階集団指導室で開催されます。問い合わせは地域包括支援センター高齢者支援課(電話0438-62-3225)まで。
(画像はチバテレサイトより)


▼外部リンク
チバテレ 袖ケ浦市情報


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3整体師による世界一簡単な体操「腰浮かせ」で認知症予防
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  6. 6生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  7. 7認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  8. 8認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  9. 9認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  10. 10オムロンと理研、認知症早期発見などへ応用できる技術研究
このページの
上へ戻る