全国初!特養にアンドロイド「テレノイド」導入 情緒安定に

2017年2月23日

名取市の特養「うらやす」に導入

宮城県名取市にある特別養護老人ホーム「うらやす」にアンドロイド「テレノイド」が導入されました。テレノイドは遠隔操作型アンドロイドで、介護現場に導入されるのは

全国初。また、宮城県による介護ロボット等マッチング支援第1号となります。

このテレノイドは自身のアンドロイドや夏目漱石などのアンドロイド製作に携わった大阪大学の石黒浩教授らが開発したもので、自律プログラムで動くのではなく、オペレーターが遠隔操作することでコミュニケーションを図ります。

コミュニケーション促進や情緒安定効果も

アンドロイドといえば、一般的には人間の姿に似せてたロボットがほとんどですが、このテレノイドは、それを抱き上げた各個人が自分の思い描いた子どもや孫といった人のイメージを投影できるよう、人間に似せる要素は最小限にしたシンプルな外見となっています。

実際に県内5施設で試用された時には、あまりコミュニケーションをとらなかった認知症の利用者がテレノイドに話しかけている姿が確認されていて、情緒安定効果でも大きな期待が寄せられています。
(画像は宮城県のサイトより)

▼外部リンク
介護ロボット等マッチング支援 第1号! 『テレノイド ウェルカムセレモニー』の開催について


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  6. 6高齢者の徘徊対策用QRコードアイロンプリントサービス
  7. 7「全国認知症予防ネットワーク」設立総会・サミット開催
  8. 8たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  9. 9216万人が認知症の疑いがあるまま運転している可能性
  10. 10「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
このページの
上へ戻る