朝日新聞厚生文化事業団 認知症カフェ助成24団体を発表

2017年2月15日

認知症カフェの開設を応援

社会福祉法人朝日新聞厚生文化事業団は、「ともにつくる認知症カフェ開設応援助成」に決定した全国の24団体を発表しました。

この事業は全国各地に認知症カフェが開設されることを願って行われていたもので、助成される団体は1か所につき最大100万円まで、総額2,000万円の助成事業となっています。

地域社会のつながりにも・認知症の早期発見にも

認知症カフェは認知症の人とその家族だけでなく、認知症のことが心配な人、医療や介護の専門家やボランティアなど、誰もが気軽に立ち寄れる場所として、全国で実施されています。

高齢化社会が進む中で、認知症になっても、住み慣れた地域で暮らし続けられるよう地域全体で支える必要があります。認知症カフェでは、多くの人が集まることにより、地域社会でコミュニケーションが取れる機会となり、認知症などについての情報の入手と共有、認知症の早期発見にもつながります。

開設費用と3年間の運営費を助成

今回の助成事業は、昨年9月から約1か月間、開設を考えている団体を募集していたもので、助成されるのは開設費用と3年間の運営費となります。今回、助成される団体に選ばれたのは以下の24団体となっています。

○江部乙まちづくりコミュニティ行動隊女子部(北海道)
○ふれ愛塾(秋田)
○ひなたぼっこ(秋田)
○能代市キャラバン ・メイト連絡協議会(秋田)
○苧麻倶楽部(福島)
○うたせ認知症を考える会(千葉)
○住まい・まち研究会(千葉)
○南千住認知症キャラバン ・メイト連絡会
「M2サポ会」(東京)
○若年認知症交流会小さな旅人たちの会(東京)
○認知症の人と家族の会神奈川県支部(神奈川)
○身延山大学(山梨)
○だんだん会(山梨)
○羽島認知症を考える会(岐阜)
○くわのみ(岐阜)
○リビングサポートあいあいの家(愛知)
○みなみいせ市民活動ネット(三重)
○東大阪市人権長瀬地域協議会(大阪)
○青山1000人会(兵庫)
○医療と介護のボランティアさくらい(奈良)
○ダイヤモンドクラブ(岡山)
○認知症サポートグループだんだん(広島)
○若年性認知症カフェなんぱく(福岡)
○宅老ちよだひまわりの会(佐賀)
○福祉コミュニティKOUZAKI(大分)
(プレスリリースより引用)
(画像は朝日新聞厚生文化事業団のサイトより)


■関連リンク:認知症カフェ開設応援助成 24団体決まる


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3整体師による世界一簡単な体操「腰浮かせ」で認知症予防
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  6. 6生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  7. 7認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  8. 8認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  9. 9オムロンと理研、認知症早期発見などへ応用できる技術研究
  10. 10認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
このページの
上へ戻る