「認知症の理解のために」市民公開講座【横浜市】

2017年2月11日

済生会横浜市南部病院による市民公開講座

2月25日、神奈川県横浜市磯子区にある神奈川県総合薬事保健センターにて、済生会横浜市南部病院の主催、磯子区役所と磯子区医師会後援による市民公開講座「認知症の理解のために」を開催します。

この市民公開講座の入場料は無料、事前の予約申し込みも不要、定員は200名となっています。

「認知症の診断について」と「認知症の人への対応」

この日の市民公開講座では2つの講演が予定されています。まず、済生会横浜市南部病院の中江啓晴神経内科医長が「認知症の診断について」を講演。次に同病院の水口紘惠認知症看護認定看護師が「認知症の人への対応」を講演します。

日時: 2月25日(土) 14:00~16:00
場所: 神奈川県総合薬事保健センター
    神奈川県横浜市磯子区西町14−11
JR根岸駅から徒歩2分
費用: 無料
申込: 不要
定員: 先着200名
(プレスリリースより引用)

詳しくは以下リンク先の済生会横浜市南部病院のサイトまで。
(画像は済生会横浜市南部病院のサイトより)

■参考サイト:平成29年2月25日(土)市民公開講座「認知症の理解のために」


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3整体師による世界一簡単な体操「腰浮かせ」で認知症予防
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  6. 6生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  7. 7認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  8. 8認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  9. 9オムロンと理研、認知症早期発見などへ応用できる技術研究
  10. 10認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
このページの
上へ戻る