認知症最新ニュース

認知症予防に効果!「カカオ豆」がコンビニに初登場

2017年2月14日

カカオ豆は認知症予防に作用する!

カカオ豆には、カカオポリフェノールが含まれており、老化の原因となる活性酸素の除去、動脈硬化の予防が期待されています。



さらに、最近の研究では、カカオ豆にアルツハイマー型認知症を予防するために必要な成分である「BDNF」を増加させる作用が確認されており、国の調査機関が積極的に研究を開始しています。

コンビニで気軽に入手可能に

認知症予防食材として、注目を集めている「カカオ豆」ですが、気軽に入手できないことが難点でした。

しかし、2月4日より、関東地区のファミリーマートおよびサークルKサンクスにおいて、ガーナ産カカオ豆をローストした「ガーナスマイルカカオ プレミアム カカオビーンズ」が発売され、身近にカカオ豆を摂取することができるようになります。

皮をむけばすぐに食べられるローストカカオ豆

このカカオ豆は、ショコラティエ パレドオールのシェフ三枝俊介氏による焙煎により、皮をむいてすぐ食べられる状態となっています。

食べ方は様々で、そのままでもOKですが、ナッツ感覚でお酒のおつまみにしたり、サラダやグラノーラに付け加えたり、お菓子のトッピングとしてアイスクリームやクッキーに入れたりしても美味しくいただけます。

商品パッケージには砂糖(5g)が添付されており、カカオ豆を食べた後に砂糖を口に含むと、チョコレートの味がします。カカオ豆そのものの味と、チョコレートの味の両方を楽しめます。「カカオ豆」を試してみてはいかがでしょうか。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
オヴァールリエゾン プレスリリース(PR TIMES)
ショコラティエ パレドオール


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1高カカオチョコレートに脳の若返り効果が
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3カマンベールチーズにアルツハイマー型認知症を予防する効果あり! …
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは[PR]
  5. 5【シリーズ改正道路交通法:3】自主返納の促進と返納後の支援
  6. 6【広川先生のMCIコラム(第4回)】 早く気づけば認知症にならな…
  7. 7コップ1杯弱の牛乳や乳製品摂取で認知機能低下抑制の可能性
  8. 8認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  9. 9コリンで認知機能を維持し、健康寿命をのばそう![PR]
  10. 102月11日(土) 放映「ジョブチューン」で認知症予防に注目の食べ…
このページの
上へ戻る