抗酸化サプリ「Twendee X」認知症予備軍に臨床試験

2017年2月13日
大規模な臨床試験を実施する「Twendee X」

大阪府大阪市中央区に本社がある「TIMA Japan株式会社」の抗酸化サプリメント「Twendee X」を使用し、認知症予備軍と脳卒中後の患者を対象にした大規模臨床試験が行われることになりました。

この臨床試験は日本認知症予防学会エビデンス創出委員会への申請が承認されたもので、2017年4月より開始予定で、目標は200~300例程度。複数の認定施設において、2~3年をかけて実施されます。



仏・測定会社により高い抗酸化作用を確認

「Twendee X」はビタミン類やアミノ酸類、CoQ10など8種を原料とする抗酸化サプリメントです。岐阜大学生命科学総合研究支援センター抗酸化研究部門特任教授であり「TIMA Japan」社創業者の犬房春彦氏が中心となって開発されたものです。

その抗酸化作用はフランスの酸化ストレス測定会社であるICDDからも、高い抗酸化作用と副作用がないことが確認されています。

日本認知症予防学会での審議では、老齢のマウスを用いた実験の内容も報告。その実験では「Twendee X」を与えたことにより、細胞の老化を予防できるということが示されたとのことです。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
認知症予防学会で抗酸化サプリメント『Twendee X』の長期・大規模ヒト臨床試験が決定


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3整体師による世界一簡単な体操「腰浮かせ」で認知症予防
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  6. 6生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  7. 7認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  8. 8認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  9. 9オムロンと理研、認知症早期発見などへ応用できる技術研究
  10. 10認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
このページの
上へ戻る