AMEDの医療機器開発プロジェクトを共同受託 北大と日立

2017年2月8日

ハイブリッド撮像・解析という新アプローチ

国立大学法人北海道大学と株式会社日立製作所はこの度共同で、「認知症の早期診断・早期治療のための医療機器開発プロジェクト」を、国立研究開発法人日本医療研究開発機溝(AMED)より受託したと発表しました。

新たなMRI検査法の研究開発を共同で進めることになる両者は、2016年11月から2019年3月までハイブリッド撮像・解析を行うことで、認知症の早期診断および検査時間の大幅な短縮を可能とする新たなアプローチに取り組むこととなります。

2025年にはその患者数が約700万人になるともいわれている認知症患者は、その病態・病状を確定することの難しさからMRI検査のさらなる開発・発展が必要とされています。

解析時間短縮に繋がるか

新しいMRI計測技術の一つである、鉄濃度定量の分布を解析するQSMの開発に携わる日立は、QSMとVBMを組み合わせた解析手法は、アルツハイマー型認知症への移行予測などにおいて、高い精度の検査を可能にすると見込んでいます。

またプロジェクトではハイブリッド撮像法を新たに開発し、撮像時間と撮像時間を短縮することを目指しています。

北大と日立はこれまで、医学・工学分野における両者の優れた技術や知識を活用し、未来創薬・医療イノベーション拠点形成や陽子線がん治療システムなど多くの共同開発で成果を上げてきました。
(プレスリリースより引用)

(画像は日立HPより)

▼外部リンク
日立 プレスリリース


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3整体師による世界一簡単な体操「腰浮かせ」で認知症予防
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  6. 6生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  7. 7認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  8. 8認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  9. 9オムロンと理研、認知症早期発見などへ応用できる技術研究
  10. 10認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
このページの
上へ戻る