高カカオチョコレートに脳の若返り効果が

2017年2月7日

明治と内閣府の共同検証

株式会社明治は、内閣府 革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)山川プログラムと共同した「オープンサイエンス中間報告会」を、東京・日本橋三井ホールにて行いました。

報告会では“チョコレートによる脳の健康効果解明への取り組み”に関する興味深い検証情報が公開。

チョコレートやココアに含まれるカカオポリフェノールは活性酸素を抑える働きを期待することができ、生活習慣病の予防に資することができると話題になっています。

明治と山川プログラムが検証した結果では、この高カカオチョコレート(カカオ分70%以上のチョコレート)に、学習機能を高める脳の若返り効果もあるということが明らかにされました。

大脳皮質の量が増加することを確認

検証の内容としては、高カカオチョコレートを男女15人ずつに4週間摂取してもらい、「大脳皮質の量」「神経線維の質」という2つの観点から脳の健康度を計測したものです。

この検証の結果、高カカオチョコレートに大脳皮質の量を増やす働きがあることが分かりました。

高カカオチョコレート摂取前後での介入効果の検定としてGM-BHQ(Gray Matter-BHQ・大脳皮質の量)を測定したところ、摂取前に比べて、摂取後の方が有意にGM-BHQの値が増加しました。
(プレスリリースより引用)

(画像は明治HPより)

▼外部リンク
明治 プレスリリース
内閣府 革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3TBS「名医のTHE太鼓判5 SP」手術で改善可能な認知症の治療…
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  6. 6アルツハイマー病の原因となる遺伝子を推定(東北大学)
  7. 7【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  8. 8警察庁が提言、認知症などが関係する交通事故防止の方策
  9. 9「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  10. 10ソフトバンク、スマホアプリで認知症高齢者見守り支援サービス
このページの
上へ戻る