第3回認知症治療研究会を開催

2017年2月4日

2月26日日曜日パシフィコ横浜会議室1Fにて

代表世話人 堀 智勝氏(東京脳神経センター病院)による第3回認知症治療研究会が開催されます。

医療・介護従事者で当研究会に関心がある人が対象で、一般(非会員)の人の参加も受け付けています。研究会は午前10時から午後5時まで、定員300名に達し次第、締め切られます。一般の人の参加費は2,500円で、終了後ロビーにおいて情報交換会(飲食無し)も開催されます。

研究会の内容

認知症治療研究会は、「今まで認知症を専門にしていなかった医師にも積極的に認知症の診察にあたっていただく」、「認知症臨床で得た有益な知識を認知症臨床に携わる全ての人に共有していただく」ことを実現するために設立された団体です。

今回は、当会の副代表世話人であり「コウノメソッド」の提唱者である河野 和彦氏が、座長を務めます。「コウノメソッド」とは、認知症の症状を、「陽性症状」、「陰性症状」、「中間症」に分類し、陽性症状の強い認知症でも極力少ない薬剤の副作用によって、楽に家庭介護が続けられることを最優先とした、家庭ならびに認知症患者に配慮した対症療法です。

研究会では、医師、精神保健福祉士、薬剤師等による講演が行われます。

(画像は認知症治療研究会HPより)

▼外部リンク
認知症治療研究会
パンフレット


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3TBS「名医のTHE太鼓判5 SP」手術で改善可能な認知症の治療…
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  6. 6アルツハイマー病の原因となる遺伝子を推定(東北大学)
  7. 7【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  8. 8警察庁が提言、認知症などが関係する交通事故防止の方策
  9. 9「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  10. 10ソフトバンク、スマホアプリで認知症高齢者見守り支援サービス
このページの
上へ戻る