ALSOK認知症高齢者向け「みまもりタグ」日経優秀賞受賞

2017年1月23日

専用靴などで使用する「みまもりタグ」

1月4日、東京都港区に本社がある綜合警備保障株式会社(ALSOK)は、自社の認知症高齢者の徘徊対策システムが特に優れた新製品とサービスを表彰する「2016年日経優秀製品・サービス賞」において、「優秀賞 日経産業新聞賞」を受賞したと発表しました。

この徘徊対策システムは無線技術のBluetoothを利用した端末「みまもりタグ」を、専用の靴などに装着、その位置の履歴を専用アプリで確認できるというものです。また、介護シューズなどを製造している徳武産業株式会社が開発した専用の靴はタグ内蔵時の電波の減衰も最小限になるよう工夫されています。

子どもたちの見守りにも使用可能

ALSOKの「みまもりタグ」は昨年11月、全国の10市町村に、「みまもりタグ」を2,100個、専用靴を2,100足、位置情報の提供基地局となる「みまもりタグ感知器」を2,800台を無料配布しています。

これは国交省の「スマートウェルネス住宅等推進モデル事業」を活用したもので、同社は地域の見守りネットワーク構築の支援を行います。また、同社は「みまもりタグ」を用いたシステムを認知症高齢者だけでなく、子どもの見守りにも活用することも想定しています。

▼外部リンク
認知症高齢者の見守りシステムが2016年日経優秀製品・サービス賞 優秀賞を受賞


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  3. 3ユマニチュードに関するアンケート調査を実施
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  5. 5嗅覚を刺激して認知症予防!「においと認知症」の最新研究成果[PR…
  6. 6認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  7. 7肥満と認知機能低下に関係あり?
  8. 8認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  9. 9認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  10. 10「ブレインHQ」の魅力を探る! 利用者向け交流会
このページの
上へ戻る