認知症ねっと:今週のおすすめ書籍

2017年1月14日

「誤診だらけの認知症」

幻冬舎「誤診だらけの認知症」のご紹介です。

著者は、東京都老人医療センター(現在、東京都健康長寿医療センター)で勤務した後、老年内科の診療を行う「ざまクリニック所沢院」を開設した、座間清氏。 座間氏自身も、義父がレビー小体型認知症を発症し、その医療過誤とたたかった経験を持っています。

同書では、認知症の治療法が確立しておらず現場でも混乱が続く中、薬剤や医師の肩書きといったものにとらわれず、正しい知識と頼れる医師を見極める方法を紹介。 著者はさらに同書の中で、「認知症は改善する、予防できる」ことを説いています。

単行本で281ページ。価格は税抜き1,400円。

▼購入はこちらから

「手術で治る認知症」

幻冬舎の「手術で治る認知症」を紹介します。

『その「認知症」は治せる可能性があります!あきらめる前に読んでおきたい手術で治せる認知症』の副題が示すように、手術で治せる認証についての解説と、手術の方法が書かれています。

著者は、医師、医学博士で旗の台脳神経外科病院(東京都品川区)の沖野光彦氏。手術で治る認知症として「正常圧水頭症」と「慢性硬膜下血腫」を挙げ、「VPシャント」と呼ばれる手術法を紹介しています。

新書サイズで、価格は税抜き800円。

▼購入はこちらから

▼外部リンク
誤診だらけの認知症
手術で治る認知症


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3TBS「名医のTHE太鼓判5 SP」手術で改善可能な認知症の治療…
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  6. 6アルツハイマー病の原因となる遺伝子を推定(東北大学)
  7. 7【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  8. 8警察庁が提言、認知症などが関係する交通事故防止の方策
  9. 9「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  10. 10ソフトバンク、スマホアプリで認知症高齢者見守り支援サービス
このページの
上へ戻る