新刊「元気な脳と体をつくる!ボール1つでジャグササイズ」

2016年12月4日

複数の動きを同時に行い脳を活性化

株式会社オレンジページ(以下、オレンジページ)は10月31日、「元気な脳と体をつくる!ボール1つでジャグササイズ」を出版しました。

「ジャグササイズ」とは、ボールを使った“大道芸”ジャグリングと、エクササイズとを組み合わせた新しいエクササイズ。同書では、考案者のジャグリングエンターテイナー・ダンディGO氏が監修しています。

認知症治療を行う医師の高瀬義昌氏によると、認知症の予防ができるとジャグササイズを推薦しています。複数の動きをミックスする「デュアルタスク」が、脳の前頭葉を刺激するといいます。

同書では、ジャグササイズの効果はこの他に、集中力アップ、ダイエット効果、猫背の改善、冷え性の改善、肩こり・むくみの解消、ストレス解消、を挙げています。

ジャグリングとは違いボール1つで

ジャグササイズはボール1つで行います。テニスボールや軟式野球のボールくらいの大きさで握りやすいものが良く、落として足に当たった際に痛くないものを選ぶこと。触り心地のよいビニールコーティングの専用ボールも販売されています。

また、くつ下と米で自作もできます。

方法は、ボールを投げる、足踏みする、という簡単な動作を2つ組み合わせて同時に行います。慣れてきたら前後に歩いたり、左右に移動したりしながらボールを別の手にパスをすると、さらに脳が活性化されるとのことです。

ムック版でDVD付き、価格は税込みで1,296円です。

▼外部リンク
オレンジページnet

▼購入はこちらから


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3TBS「名医のTHE太鼓判5 SP」手術で改善可能な認知症の治療…
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  6. 6アルツハイマー病の原因となる遺伝子を推定(東北大学)
  7. 7【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  8. 8警察庁が提言、認知症などが関係する交通事故防止の方策
  9. 9「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  10. 10ソフトバンク、スマホアプリで認知症高齢者見守り支援サービス
このページの
上へ戻る