お子さんも読める家族の物語「あかりさん、どこへ行くの?」

2016年11月24日

孫の視点で認知症と家族を描く

認知症になった祖母を孫の視点から描いた家族の物語「あかりさん、どこへ行くの?」が発売されました。

著者は近藤尚子さんで、絵は江頭路子さん。子ども向けの書籍などを多数出版しているフレーベル館より発売されていて、この新刊の対象年齢は小学校高学年以上となっています。

講談社児童文学新人賞佳作を受賞している近藤尚子さん

著者の近藤尚子さんは愛知県の出身で、津田塾大学学芸学部国際関係学科を卒業し、1988年の「ぼくの屋上にカンガルーがやってきた。」で、第29回講談社児童文学新人賞佳作を受賞しています。そして、絵を担当した江頭路子さんは福岡県出身のイラストレーターで絵本作家です。

主人公は小学5年生の「タケシ」で、祖母の「あかり」が認知症を患い、そこから始まる家族の困惑や疲労、恐怖などが描かれます。そして、それらから逃げるのではなく、向き合うことで、家族は「あかり」との関係を再構築しようと、それぞれ考えるようになります。

著者の近藤さんは母親の介護を経験、そして挿絵の江頭さんも他界した祖母は認知症だったそうです。そんな2人による「あかりさん、どこへ行くの?」は200ページで1,300円(税別)にて発売中となっています。

▼外部リンク
あかりさん、どこへ行くの?

▼購入はこちらから


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  5. 59/24 7:00~日テレ「所さんの目がテン! 朝市で認知症予防…
  6. 6神奈川県大和市、タブレットで認知機能を検査
  7. 7「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  8. 8福祉の世界を体感、「TOKYO SOCIAL FES 2017」…
  9. 9認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  10. 10趣味を再開、物忘れ改善など…ホタテ由来プラズマローゲン体験者の声
このページの
上へ戻る