昭和のイラストで間違い探し 物忘れ防止・認知機能向上に

2016年11月17日

懐かしの風景などのイラストで間違い探し

宝島社より「物忘れ防止に効く! 新・昭和レトロな間違い探し」が発売されました。この新刊は並べられた2つのイラストの違う点を見つけ出すもので、1人だけでなく、家族そろって楽しめる1冊です。

掲載されているイラストは懐かしの昭和の風景などで、間違い探しを行うことで、物忘れ予防につながるとのこと。監修は知覚心理学、認知心理学、実験心理学が専門で、元大阪市立大学大学院文学研究科教授の太城敬良(たしろたから)氏となっています。

紙面よりも大きく見やすくなって書籍化

従来は加齢とともに衰え続けていくものと考えられてきた脳でしたが、現在はトレーニングを行うなどの刺激を与えることで活性化が望めることがわかっています。そこで、イラストの間違い探しで脳に刺激を与え、記憶力や認知機能の低下を防ぐだけでなく、高めることを目指します。

中日新聞と東京新聞のサンデー版には、毎週間違い探し作品が連載されていて、今回は2009年7月5日号から2016年6月26日号に掲載されたものの中から選ばれた作品が、紙面よりも大きく見やすくなって載せられています。本書はB5変判143ページ、700円(税別)で発売中となっています。

▼外部リンク
物忘れ防止に効く! 新・昭和レトロな間違い探し

▼購入はこちらから


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  3. 3生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  5. 5嗅覚を刺激して認知症予防!「においと認知症」の最新研究成果[PR…
  6. 6「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  7. 7中高年からの食事制限はアルツハイマー病を加速する可能性があると研…
  8. 8認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  9. 9認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  10. 10認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
このページの
上へ戻る