茨木市の徘徊対策 市ゆかりの鬼・茨城童子見守りシール配付

2016年11月23日

まずは地域包括支援センターへの電話を

大阪府の茨木市が認知症等高齢者の徘徊対策のために、当事者や家族に対し、「茨木童子見守りシール」を配付しています。このシールが交付されるためには、登録と面談が必要となっていて、市はまず当事者が住んでいる地域を担当している地域包括支援センターへの電話連絡を求めています。

ゆるキャラグランプリにもエントリーしている茨木童子

茨木童子は茨木市に生まれたとの伝承が残る鬼で、現在は、市のキャラクターとしてイメージアップのため活躍、そして、観光特任大使にも就任していて、全国のご当地ゆるキャラの人気ランキングである「ゆるキャラグランプリ」にも参加しています。

連絡先が確認できるQRコード付き

この見守りシールは、認知症になってもできる限り長く、住み慣れた地域に安心して住み続けてもらうために作成されたもので、交付されるのは約65歳以上の人で、徘徊や行方不明になる可能性があり、施設などではなく、自宅に住んでいる人、そして、その家族などとなっています。

このシールには、茨木童子のイラストと、二次元コードであるQRコードが印刷されており、このQRコードを読み取ることで、担当の地域包括支援センターや市の高齢者支援課の連絡先などがわかるようになっています。

▼外部リンク
茨木童子見守りシール(認知症高齢者見守り事業)


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  3. 3生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  5. 5「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  6. 6嗅覚を刺激して認知症予防!「においと認知症」の最新研究成果[PR…
  7. 7認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  8. 8認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  9. 9中高年からの食事制限はアルツハイマー病を加速する可能性があると研…
  10. 10認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
このページの
上へ戻る