認知症ケア支援団体登録事業のステッカーを交付(宇都宮市)

2016年10月30日

認知症サポーターの養成に取り組む企業や団体に

栃木県の宇都宮市が、意欲的に認知症サポーターの養成に取り組んでいる企業や団体に対し、ステッカーの交付を行っています。このステッカーが貼られていることで、その事業所などに認知症サポーターがいることを知ってもらうという目的があります。

認知症の人を温かく見守る認知症サポーター

認知症サポーターは認知症の人とその家族を支える人のことで、認知症についての正しい知識を身につけ、認知症の人などを温かく見守ります。

宇都宮市では、市が定める認知症サポーター養成研修を受けた人が1人以上いる企業や団体に対し、その存在を知らせるステッカーを作成して交付しています。ただし、支社や支部が交付を受ける場合は、その支社や支部に認知症サポーターがいることが必要となっています。

ひと目で認知症サポーターの存在がわかるステッカー

このステッカーには「だいじょうぶみんなで支える認知症」や「認知症サポーターがいます」などの大きな文字とともに、市のマスコットキャラクターの「ミヤリー」が描かれていて、ひと目で認知症サポーターの存在がわかるようになっています。

このステッカーの交付申請についての詳しい情報は、以下リンク先の宇都宮市の公式ウェブサイトで確認してください。

▼外部リンク
宇都宮市まちぐるみで認知症ケア支援団体登録事業(ステッカーの交付)


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  3. 3生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  5. 5「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  6. 6嗅覚を刺激して認知症予防!「においと認知症」の最新研究成果[PR…
  7. 7認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  8. 8認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  9. 9中高年からの食事制限はアルツハイマー病を加速する可能性があると研…
  10. 10認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
このページの
上へ戻る