健康番組などでおなじみの朝田隆院長の脳トレ本発売

2016年11月14日

認知症専門クリニック院長の脳トレ本

認知症専門の「メモリークリニックお茶の水」の朝田隆院長による脳トレ本『効く!「脳トレ」ブック』が発売されました。この中に収録されている問題に取り組むことで、脳を鍛え、記憶力に自信が得られ、物忘れ予防につながるとのことです。

全50問の問題集で記憶力向上

著者の朝田隆院長は東京医科歯科大学医学部附属病院の特任教授でもあり、日本精神神経学会専門医、精神保健指定医、日本老年精神医学会専門医、日本老年医学会指導医でもあります。

そして、認知症に関する著作も多数で、テレビの健康番組にも出演、院長を務めるメモリークリニックお茶の水では、認知症の早期発見、進行の抑制のための診療を行っています。

この新刊では「お釣り」問題や「シルエット」問題など全50問が収録されていて、この問題集により記憶力や集中力が得られるほか、暗算が速くなったり、注意力アップが期待できたりするとのこと。この新刊は143ページで三笠書房より、1200円(税別)で発売中となっています。

▼外部リンク
効く!「脳トレ」ブック

▼購入はこちらから


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3【明日放送】林修の今でしょ!講座 認知症予防に期待できるお肉とは…
  4. 4ユッキー先生の認知症コラム更新!認知症の人の対応 ~入浴嫌い~
  5. 5認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  6. 6【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  7. 7政府、骨太方針2017を決定。認知症支援で循環型の仕組構築へ
  8. 8【明日放送】NHKスペシャル「睡眠負債が危ない」
  9. 9認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  10. 10「運動+乳製品」が認知症やガンなどの根本原因に効果
このページの
上へ戻る