頭と体を使って認知症予防を図るアプリゲームリリース

2016年10月26日

自分のスマホ等で認知症対策が出来るゲームアプリリリース

株式会社Moffは、体を動かしながらプレイすることで認知症対策を図ることが出来る、「Moff PAC-MAN」のリリースを発表した。

これに伴いこのゲームアプリと「Moff Band」を、自社サービス等に活かしたい事業者を募る。

脳と体の並列処理で認知症対策

認知症における治療法として現在主流となっているのは、進行を遅らせるものである。また、根治療法が確立されていないことも合わさり、予防についても焦点が当てられる中、多様にある予防法として脳と体の両方を同時に使うものが有効とされている。

今回リリースされたMoff PAC-MANは人気のゲームPAC-MANと、リアルタイムで3Dモーションを認識するウェアラブル端末Moff Bandの組み合わせによりプレイするもの。

ゲームの進行を考えつつ体を動かしプレイする必要があるため、結果的に認知症対策の1つである並列処理を行うこととなる。

入手方法について

このゲームアプリ及び専用アプリであるPBS Kids Partyや、Moffといった関連アプリはAmazon及びApple Storeにて無料ダウンロードが可能。また、Moff BandはAmazonで購入が可能である。

詳しくは外部リンクを参照。

▼外部リンク
株式会社Moff


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3整体師による世界一簡単な体操「腰浮かせ」で認知症予防
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  6. 6生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  7. 7認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  8. 8認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  9. 9認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  10. 10オムロンと理研、認知症早期発見などへ応用できる技術研究
このページの
上へ戻る