知っているはずの物事を思い出して認知症予防 脳トレドリル

2016年11月28日

1日10分間で脳の若返りを

臨床スポーツ心理学やスポーツと脳についての研究が専門の児玉光雄氏による脳トレ本、「ボケない人になるドリル【思い出せますか?篇】: 1日10分の楽しい脳トレ!」が発売された。この新刊は誰もが知っている、知っていたはずの事柄を思い出すことで、脳の若返りを図り、認知症予防を目指すという。

福沢諭吉の前の1万円札の肖像は?

著者の児玉光雄氏は、1947年の兵庫県の生まれ。1971年に京都大学工学部金属加工科を卒業した児玉氏はイチローやタイガー・ウッズなどをテーマにした「スポーツ天才学」の研究を行っており、追手門学院大学客員教授、前鹿屋体育大学教授で、日本スポーツ心理学会会員、日本体育学会会員でもある。

そして、「イチロー思考」「マンガでわかるメンタルトレーニング」「サッカー名監督超一流の思考」など、多数の著作は130冊以上にもなり、フジテレビ系「ホンマでっか!?TV」の出演などでおなじみの顔となっている。

この新刊では童謡の「赤い靴」で女の子を連れて行ったのは誰だったか、ヒット曲「分かれても好きな人」を歌っていたのはロス・インディオスと誰だったか、福沢諭吉になる前の1万円札の肖像は誰だったかなどの記憶をたどることになる。 B5版で120ページ、価格は1,000円(税別)で、河出書房新社より発売中となっている。

▼外部リンク>
ボケない人になるドリル【思い出せますか?篇】 :児玉 光雄

▼購入はこちらから


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3TBS「名医のTHE太鼓判5 SP」手術で改善可能な認知症の治療…
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  6. 6アルツハイマー病の原因となる遺伝子を推定(東北大学)
  7. 7【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  8. 8警察庁が提言、認知症などが関係する交通事故防止の方策
  9. 9「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  10. 10ソフトバンク、スマホアプリで認知症高齢者見守り支援サービス
このページの
上へ戻る