60日間3問ずつの脳活教室 パワードリル発売

2016年11月2日

トレーニングドリルで脳を活性化

白夜書房から「起脳法で効果を実感! 脳活教室パワードリル」が発売された。脳活教室編集部編集によるこの新刊は60日間、毎日3問ずつの問題を解くことで、脳を活性化させるトレーニングドリルが収録されており、独自の「脳活 起脳鍵盤シート」も付属している。

「脳活 起脳鍵盤シート」でより効果的に

「脳活 起脳鍵盤シート」はピアノの鍵盤に似たカラフルなシートであるが、ピアノの経験や音楽の知識などにかかわらず活用することができ、ドリルの各ページ記載の音階を記憶して、シートの鍵盤で指を動かすことで、脳のウォーミングアップを行い、その後のドリルをより効果的なトレーニングにすることができる。

24種類の問題で認知症対策

「起脳法で効果を実感! 脳活教室パワードリル」には、「国宝仏像・写仏なぞり絵」など、24種類の問題が用意され、それらを解くことで、記憶力や計算力、論理力、そして、情報処理力、判断力、集中力を鍛え、認知症予防にも効果があるという。この新刊は白夜ムックとして、790円(税別)で発売中となっている。

▼外部リンク
白夜ムック549 『起脳法で効果を実感! 脳活教室パワードリル』

▼購入はこちらから


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  3. 3ユマニチュードに関するアンケート調査を実施
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  5. 5嗅覚を刺激して認知症予防!「においと認知症」の最新研究成果[PR…
  6. 6認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  7. 7肥満と認知機能低下に関係あり?
  8. 8認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  9. 9認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  10. 10「ブレインHQ」の魅力を探る! 利用者向け交流会
このページの
上へ戻る