神奈川県3施設目となる介護ロボット普及推進協定締結

2016年10月29日

ジャパンメディカルアライアンスと協定締結

ロボットを活かし用いる場を公開するため、公開事業所として社会医療法人ジャパンメディカルアライアンスと、介護ロボット普及推進センター事業に関する協定を結ぶと、神奈川県が発表した。

医療及び介護分野での介護ロボットの普及を目指して

現在、医療現場や介護現場においてこれに従事する者が不足しており、その理由の1つとして彼ら1人1人に対する過重な勤務状況等が挙げられる。またそうした状況は、現場におけるサービスのクオリティ低下を招きかねない。

こうしたことから神奈川県は、当該分野にて勤務する人々の負担軽減及び現場でのサービス向上を図るため、2014年度より公開事業所にて介護ロボットの活用例を公開してきたのだ。

そして今回、3例目となる公開事業所としてジャパンメディカルアライアンスと、介護ロボット普及推進センター事業に関する協定を結ぶこととしたのである。

これにより、当該企業により運営されている介護老人保健施設アゼリアを公開事業所とし、介護ロボットの使用及びその評価また視察者や見学者の受け入れが行われる。

公開予定ロボットは3種類

当該施設にて公開される介護用ロボットは、リハビリ支援のためのパワーアシストハンドと、日々の見守りのためのシルエット見守りセンサそして認知症リスクの軽減を図る、コグニバイクの3種類予定されている。

とりわけ見守りセンサとコグニバイクについては、前者は認知症により引き起こされる徘徊等に、後者は体を動かしつつ認知トレーニングを行うというデュアルタスクにより、認知症発症の予防を図っていく。

▼外部リンク
「介護ロボット普及推進センター」事業に関する協定を締結します!


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「新オレンジプラン」が改定、目標設定がより具体的に
  2. 2【7/21深夜放送】TBS「NEWSな2人」:介護経験者たちが語…
  3. 3認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  4. 4「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  5. 5認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  6. 6全国調査「介護の主な原因」認知症が初めてトップ
  7. 7映画『ハローグッバイ』、もたいまさこが認知症女性をリアルに演じる
  8. 8【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  9. 9「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  10. 10認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
このページの
上へ戻る